慰安旅行で宴会をする時に大事なこと3点

慰安旅行は、「温泉」+「宴会」として企画されることが多いです。その理由としては、福利厚生費として費用を賄うために幾つかの条件を満たさねばならず、それを満たしやすいのが、「温泉」+「宴会」というプランだからです。

気をつけなければいけない主な条件は2つ。

 

  • 旅行の行事が一般的であること
  • 従業員全員を対象とし、旅行に参加した人数が半数以上であること。

 

例えば、ゴルフやテニスなどは、一部の人の趣味であり、一般的な行事としては認められません。たとえ社員旅行として会社負担であっても、福利厚生費としては認められず、給与支給として従業員は課税されてしまいます。また、従業員全員を対象とすることが必要で、半数以上の参加を得なければいけません。これらの条件を満たしやすいのが、先述した「温泉」+「宴会」というプランになるのです。

 

さて、前置きが長くなりましたが、慰安旅行では「宴会」がつきものです。そんな宴会をする上で注意すべきポイントが3つあります。

  • 盛り上がる仕掛けを用意する
  • 従業員の負担を軽くしてあげる
  • 参加者全員が楽しめるように工夫する

「宴会」は楽しくなければ「宴会」ではありません。というわけで、盛り上がる仕掛けを用意しなければなりません。例えば、カラオケ大会やビンゴゲームなどなど。単純に飲んでいるだけでは、盛り上がりにも欠けますし、中だるみしてしまいがちです。

宴会場の画像

しかし、盛り上げるために社員に一発芸を強要したり、一気飲みをさせたりしてはいけません。また、幹事に任せっぱなしでは、幹事の負担が増えるばかりで、宴会の成功は遠のいていくでしょう。女性社員に重役のお酌をさせてしまうと、彼女たちの負担は大きくなってしまうかもしれません。「慰安」旅行での宴会ですので、従業員の負担をできるだけ軽くしてあげることを念頭に置きましょう。そうした意味では、「コンパニオン」をお願いするというのも手です。女性社員の代わりにお酌をしてくれますし、盛り上げる宴会芸や宴会ゲームなどにも長けています。

そして、参加者全員が楽しめるように工夫しなくてはいけません。先程のコンパニオンも、ピンクコンパニオンと呼ばれる過激なコンパニオンたちは、過激さ故に女性が引いてしまうことが予測されます。そのため、原則として女性のいる宴会には呼べなかったりします。しかし、殿方にとってはピンクコンパニオンの方が嬉しいのもまた事実。そのために、「変身プラン」のような通常のコンパニオンが120分後にピンクコンパニオンに変身する、というようなプランも用意されています。

以上のようなポイントに注意して、慰安旅行での宴会をお楽しみください。